逆進するアルチュセールの演繹

ルイ・アルチュセールが彼の著作において、18世紀ヨーロッパにおいて「光」が質量を持つともなう物体であることを前提に進めていた科学理論があり、その理論は「完璧」であったが、科学的発見には至らなかった例を引いていたことを覚えている。
考察/探求/自意識