リアリティショーが素人をプロに作り変える方法

例外はあるが、リアリティショーにおいてフューチャーされるのはそれまで芸能生活には縁がなかった一般人である。

編集の力を借りられるにしても、素人が急にドラマを起こせるはずもない。だが、世界的にリアリティショーは人気のジャンルになっている。

テレビ関係者は、どうやって素人を出汁にテレビ番組を作り上げるのか? 私なりにいろいろ考えた。

トラブルを起こしそうな人をピックアップする

警視庁24時はリアリティショーではないが、それと同じ手法である。人の不幸はエンターテイメントになりうる。

人の不幸がエンタメになるのは、感情移入の理論で大方説明がつく。リアリティショーが人気を博したのは、リアリティがあるからではなくて番組側がリアルであると強弁した故にだ。

かつて、五つ子だとか黒人だとかシャム双生児だとかが、見せ物として檻に入れられて世界各地を移動させられていた時代があるらしい。そして、リアリティショーとは、現代の見世物小屋である。

ギャラを設定する

アマチュアとプロの境界を、ギャラが発生するかどうかで判断するのならば、アメリカの多くのリアリティショーのキャストはプロである。少なからぬ報酬が発生しているからだ。

ただ、一定間を契約してギャラを払うという契約だと、もらうだけもらって必要最低限のパフォーマンスしかしない可能性が出てくる。

キャストのサボタージュに対するにはどうすれば良いのか?

続編・キャスティングの継続をちらつかさる

90 day fianceなる番組において、視聴者から好評だった登場人物は続投が決まる。つまり、視聴者が興味深いと思ったストーリーは第二シーズンが放送される。多くのアメリカドラマと同じシステムである。

90 day fiancé は国際結婚をテーマにしたリアリティショーだが、アメリカ人側のキャストには報酬が発生する。

成功するかどうかはともかく、「興味を引くために、無理やりドラマを作る」作業が奨励されるシステムだ。

SNSの存在

有名であることと影響力があることは違うが、人目につく機会が多ければ、その場所は広告単価の高い場所になる。

90 day fianceのキャストのうち数人は、企業から案件をもらってダイエット器具やドッグフードをプロモートしている。

有名である立場からは、金を生む仕組みを利用しやすい。それが悪名であってもである

また、YouTuberになるリアリティショーのキャストも多い。リアリティショーではないが、To Catch a Predator という犯罪者をおとりに捕まえる番組ですら、キャストにYouTuberがいる。

90 day fiancé ならば、関係性がそのままファミリー系のYouTuberに連なるので作りやすい。

編集でどうにかする

ここで90 day fiancé のキャストであったモハメッドが、プロデューサーに抗議している。なんであんな編集をしたんだ? 自分とダニエラの間には楽しい時間もあったのに、一方的にトラブルばかり写していたのはなぜなのか? 出会った女性に気のあるような編集をしたのはなぜなのか。

そんなに喧嘩をしない夫婦でも、喧嘩のシーンばかり写せば仲の悪い夫婦と視聴者にはうつる。そのプロデューサーの示す方向に乗っかれる人はタレントとして優れている。

悪名があがるかも知れないが、視聴者は馬鹿ではないので本当のキャラクターは伝わる。長い目で見れば、テレビの一時的な偏向演出は跳ね返せるのだ。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です