「格闘技」の概念を分割すると見えるもの

「最強の格闘技は?」なる奇妙な問いは、ルール=制約の束でしか無い格闘技を、誤って人格化してしまった起こる質問だと以前に述べた。

だが、「最強の格闘技とは?」なる問いは、単なる錯誤とも言い切れない面がある。そのあたりを今回は解説する。

格闘技の起源

今、格闘技(マーシャル・アーツ)よ呼ばれているもののほとんど(全てではない)は、「戦争のための技術」を起源としている。

(”武術”というワードを念頭に置いて欲しい)

レスリングと柔道には「押さえ込み」なるコンセプトがあるが、あれは抑え込む側が小刀を携帯していることを想定しており、押さえ込み=相手の死 を意味する。だから「勝ち」になる。

ムエタイのような打撃系格闘技にしろ、起源は戦闘術である。

…そして、「格闘技」(と呼ばれるもの)が、「戦争のための技術」である限りは、「最強の格闘技」なる概念はなんらおかしくない。

戦場でより多くの敵兵士を殺せた”格闘技”・味方兵士の死傷負傷を最小限に留められた”格闘技”を最強と呼べる。

この「最強」のコンセプトから導ける結論は、『「モンゴル相撲」が最強である』になる。

コンバットスポーツ

話はずれるが、私は「格闘技」なるワードよりも、「コンバットスポーツ」なるワードを強く好む。

「格闘技」は、武道色・伝統色が強すぎる。また、ボクシングなどを格闘技と読んでも良いと私は思うのだが、そうなっていない。

また、フェンシングなどより武術・戦闘術に近い競技も、コンバットスポーツというワードは範囲に収めている。

格闘技概念を分割する

格闘技概念の、「試合」と「練習メソッド」を分けて考えるとスッキリする。

具体的に言えば、空手の試合のルール(=制約)と、型(練習メソッド)を分けて考える。詠春拳の試合と練習メソッドを分けて考える。

そして、試合のルールだけを分離して観察していけば、極真空手と伝統派空手のどっちが強いかなんて意見はでなくなる。

(そして、ITFテコンドーと伝統派空手が一気の違いは、練習メソッドにあることに気づける)

オリンピック競技に採用されているコンバットスポーツ(テコンドー・レスリング・柔道・ボクシング)と、エンターテインメントとして隆盛しているスポーツ(キックボクシング・ムエタイ・MMAetc)は、練習メソッドが最適化されていると考えて良い。

“最適化されている”は言いすぎかもしれないが、少なくとも指導者・選手ともに最適化を目指している。

少林寺拳法は格闘技だが、理念集団としての正確が強く、試合と練習メソッドの不一致が見受けられる。それを悪いとは言わない。

私の言う練習メソッドは、曖昧な概念である。ただ、空手の蹴りとムエタイの蹴りは基本的に同じ動作だが、空手のほうがより威力を重視し、ムエタイはより速さの重視と連打を前提とする違いがある。これは、試合の制約=ルールが違うため生じたものと考えられる。

また、極真空手あるいは極真幻想は、極真の試合ルールだけからは見いだせない。彼らのメディア展開、創始者大山倍達の人力、そして「練習メソッド」にしか無いだろう。

運営母体と歴史的経緯

テコンドーの金原会長は話題になっているが、運営母体・歴史的経緯と格闘技そのものは分離して考えたほうが良い。

ボクシングがなぜ人気なのか。あれほどお金を生むのか。それに対し、ムエタイはなぜお金を生み出せないのか(あくまでも、ボクシングと比較して)

ルール=制約のなかに、あるいは練習メソッドのなかにそれを見出そうとしても不可能だろう。

しかし、ムエタイではなくなぜキックボクシングがヨーロッパと日本で人気を博したのかは、ルールそのものの比較から導いても面白い。

(そもそも、ムエタイはタイでは賭けの対象であり、選手は馬車馬のごとく働かせられる。全力で試合をしない)

極真空手がなぜかつて最強と謳われたのか? なぜ幻想があったのか? それは、フルコンタクト空手の走りだからである。それまで、そんな武術はなかった。

そして現在、情報の交換とインターネットの出現により、「秘密のメソッド」なるものは成立しなくなった。私が「格闘技とは、ルール=制約でしかない」というのは、そういった事情が絡んでいる。

追記:2019/1101  フィジカルデベロップメント

グレコであれフリースタイルであれ、レスリングをやっていた人は(柔道をやっていた人も)、往々にしてパンチが強い。

(そういえば、ジョゼ・アルドはサッカーの経験がローキックに活きたと語っていた)

山本KID曰く、レスリングの体重移動をパンチに体重に載せる技術に応用できるとのことだが、それとレスリングがフィジカルを鍛えてくれるなることも影響しているだろう。

格闘技を、ルール・メソッド・フィジカルデベロップメントの3つに分けると、概念がスッキリして、「最強の格闘技は?」なるくだらない疑問は起こらなくなる。

(そういえば、レスラーはパンチが強いという印象があるが、キックは別に強くない。そりゃそうだろうと言われれば終わりだが)

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@yamakawa6500
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。