内面化された当て字

開口一番尾籠な話で申し訳ないが、金玉はもともと当て字であったらしい。だが、きんたまをGolden Ballと言い換えたりすることが多々あることからわかるように、日本人の内面に きんたま=金(gold)のたま と深く刻まれてしまっている。

そこは、矢鱈やたら と違うところだ。日本人の誰も やたら なる語を 矢と鱈に関連する語だと認識していない。

(ちなみに、やたら は八多羅拍子から来た雅楽用語で、和語や=八と、多羅・サンスクリット語の混種語である)

「油断」も和語「ゆたに」から説と、延暦寺の法灯説由来の説、二つ存在する。いずれにせよ、日本人は油と断(=たつ 断つ)の表意を内面化していることは確かである。

断突なる言葉が、断然トップから由来する言葉だとしても、日本人の脳内にあるのは断突である。

(逆に、所詮なる語を 栓じる所ところ と、語素分解して認識している人が少ないのは興味深い)

内面化されてしまえば、それは当て字ではない

面妖はもともと名誉だったそうだが、名誉からあまりに意味が変わってしまったため、面妖という漢字が当てられた。普段も不断から意味がずれ、漢字が変化した。

滅多に、あるいは滅多刺しもそうである。多を滅すると日本人は解釈してしまっている。不図も ふぅっと、のオノマトペ由来の語だが、図らずも の意で内面化されている。

語素分解され認識されてしまえば、それは当て字ではない。あるいは、音写語ではなくなる(独逸、亜米利加 等とは異なる)。

丁度 なる語が 丁ど から来ていようと、一度・二度 などの回数を数える「度」を、日本人はいやおうなしに無意識に想起する。また、当て字は字義≒意味を無視したものばかりではない。ふと=不図 などは、和語文脈と漢語文脈で意味が可なり一致している。

真っ向なる語は抹額が変化したらしいが、殆ど誰もその古代の帽子のようなものを意識しない。また、ごまかすと人が言うとき、語源である胡麻菓子を殆ど誰も意識しない。内面では真っ向であって、誤魔化す なのだ。

イケメンが「イケてるメンズ」から来てようと、みんな「メン」のことを「面」だと思っているのもそうである。

当て字が原義を侵食したケース

当て字「無駄」や「駄目」(こちらは当て字ではないが)「駄菓子」などの影響により、日本語に於いて「駄」は使い用がない、などの意が加えられた。いわゆる国訓。

その所為で、「駄馬」が人を運ぶ馬ではなくダメな馬と誤解されたりする。困ったものである。しかし、国訓はむしろ日本語の歴史を感じられるので、わたしは好きである。もちろん、漢字文化圏の人にとって、国訓は誤解の原因。学習難易度の上昇を意味するのだが……。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    平成大阪生まれ。Webライターとして活動中。仕事の依頼等はTwitterにお願いします。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です