ボリス・ジョンソンは「モデル(Model)」の検索妨害を試みたのか?

Fateシリーズや文豪ストレイドッグス、乃木坂46など、検索妨害でヘイトを集める作品・グループは少なくない。

民間の陰謀論でしかないのだが、現イギリスの首相ボリス・ジョンソンが意図的にGoogleの検索エンジン・検索結果を汚染しようとしたのではないかとの考察がある。

モデル(Model)でもあり実業家でもあるアメリカ人ジェニファー・アルクリ(ジェニファー・アーキュリ)が、ボリス・ジョンソンと”不適切な関係”不適切な金銭授与があったとの報道があった。

その後、陰謀論めいた考察によればジョンソン首相は「ロールモデル」や「社会のモデル」「バスのモデル」などといった単語を紛れ込ませ、過去のスキャンダルの検索妨害を行ったとのこと。Googleの検索結果に出ないようにするため。

真意はともかく、面白いのは確かである。逆効果な可能性もあるが……。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です