エッセイ/エッセイ的なもの

最強の格闘技がないことの証明 スポーツ

最強の格闘技がないことの証明

身もふたもないこと、同語反復的に語ることを許していただきたいのだが、路上における最強の格闘技は「路上の喧嘩を想定した格闘技」だ。
現実に即した言説を展開すると、何か一つ格闘技を真摯に学んでいれば、路上での喧嘩に負けることはまずない。
理想的な対戦型カードゲーム(TCG)とは何か? エッセイ/エッセイ的なもの

理想的な対戦型カードゲーム(TCG)とは何か?

かつて、遊戯王は「じゃんけん」と呼ばれていた時代が会った。基本的に対戦型カードゲームは先行が有利なのだが、遊戯王の場合はマジック・ザ・ギャザリングやデュエルマスターズ、ハースストーンその他のTCGに一般的にある「マナ」の概念がなく、「強い」カードを1ターン目から展開しやすいという特徴がある。これをルールの欠陥と見るか、スピード感と見るかは価値観次第だ
己の黒歴史を擁護せよ エッセイ/エッセイ的なもの

己の黒歴史を擁護せよ

「考えるな、感じろ」と、言われても「感じろってなんだ?」と、自分は考え始めるだろう。だから、考えます。 高級時計をつけて自分の富と成功を誇示するのと、子どもが小競り合いから本格的な殴り合いに発展すること、芸術家などが名声を求めること、何も変わらないからだ。 それに、服装の「カッコつけ」にしたって、我…
テロ行為以外で世界を変えるには エッセイ/エッセイ的なもの

テロ行為以外で世界を変えるには

世界のありかた・有り様を変える方法は、テロリズム・革命の他ないとすること。これほど恐ろしい思想はないが、コンセプトと心情は理解できる。「肉食反対デモ」の主張に、賛成はしないが気持ちはわかるというのと同様に。 (YouTubeで屠殺の動画を見れば良いだろう) 大切なものは隠されているのか? ありふれて…
ボキャブラリーと知性の比例曲線 エッセイ/エッセイ的なもの

ボキャブラリーと知性の比例曲線

素朴実在論という言葉を知っていれば、素朴実在論的な世界観で生きる可能性は減る。陰謀論という言葉を知っていれば、陰謀論的世界観で生きる可能性は減る。 とすると、学校教育でこれらの言葉を仮に徹底的に教えたとすると、その後におかしな信念信望・歴史観を抱く割合を減らせるだろうか? そうは思えない。 散々、生…
噂と自己啓発と善意と「忘れられる権利」 エッセイ/エッセイ的なもの

噂と自己啓発と善意と「忘れられる権利」

「この商品(サービス)は、他社と比べて劣っていますよ」と言いながら売ってくる人はいない。「この商品にはこんなデメリットがありますよ」と言ったとしても、「この商品よりも他社製品のほうが優れてますよ」と言い出す奴はいない。そんなことを言ってしまうと、「じゃあその製品を買いますよ」となってしまう。
ビジネス本を楽しめる人はヤバい お金/経済

ビジネス本を楽しめる人はヤバい

これらビジネス本の文章の最終到達点は「人にどうやって物を売るのか」「人にどうやって信用されるか」「人に信用されるのか」……私は、”マーケティング”というワードにアレルギー反応を起こすようになっている。理由はよくわからない。
「読書をしなかった自分」を想像してみる エッセイ/エッセイ的なもの

「読書をしなかった自分」を想像してみる

読書家の99%以上は、読書が好きだ。義務感だとか、必要のために本を大量に読んでいる人には、今まで出会ったことがない。 昔は、ほんとうに読書が好きだった。ジャンルを問わずに乱読していた。一時期、心身の調子を落として全く本を読まない時期があったが、今では読書欲・知識欲も復活している。 読書家が皆頭がいい…