エッセイ/エッセイ的なもの

説教をしているつもりはなかった エッセイ/エッセイ的なもの

説教をしているつもりはなかった

大学時代の友人と話しているとき「お前はいつも俺に説教する」と、死角からのパンチを食らったことがある。 「説教」というのは、俺の中では先生だとか上司だとか師匠だとか、「立場が上の人間が下の人間にするもの」なので、予想外すぎる指摘だった。 当時は反射的に反省してしまったが、自分は説教はしていないと思う。…