笑い/コメディ/ユーモア

ユーモアと倫理の鏡像

ジジェクは、「イデオロギー」というワードを、かなり拡大的な意味をもたせて使用している。ジジェクにとって、イデオロギーとは「彼らはそれを知らない、しかしそれをやっている」であり、我々が「無意識」と呼ぶものと殆ど重なる概念だと私は踏んでいる。
笑い/コメディ/ユーモア

笑われることを引き受けるイメージ戦略

意地が悪いなと思うのは、ホラーマニアはホラーを作り物として楽しんでいることだ。製作者の意図とは違う角度で鑑賞するのが、どれほど崇高な行為なのか彼らが考えているのか知らないが、貧しい営為であることはここで断言する。「作り手の意図」を考えるのは、業界人と批評家だけで良い。
YouTube・YouTuber

「正しい」ことを前提に証明したとて

議論内容が専門的で込み入っており、素人・一般人には到底わかりそうにない意見交換が飛び交うディベート動画を、たまにYouTubeで鑑賞している(もちろん私にも議論内容は分からない)。こういったとき、コメント欄において話者の話し方のクセだとか、「この二人はフェミニストと違って議論が文明的だ」だとか、クソくだらないコメントが書き込まれている。
権威