芸術

文学ニア・イコール エクリチュール覚書 小説

文学ニア・イコール エクリチュール覚書

たとえば「歴史」を考えるとき、中国の歴史やローマの歴史といったものはなく、歴史しかないと考えたとき、一つの文明・一つの建造物に与えられる規格・位置の位置をいわゆるそれまでの言葉で言う文学作品に与えんとするものである。
「ジャンルの死」概念はどこから来るのか 小説

「ジャンルの死」概念はどこから来るのか

もう新しい表現・スタイルが存在しない」というのなら分かる。19世紀に文学表現は爛熟を極めてしまっている。そして、「もう新しいものがない」ことを「終わり」というのは、私にとって色んなステップを跳躍しているなと思える。
「影響力」及びパイオニアの独創性に関するあれこれ 小説

「影響力」及びパイオニアの独創性に関するあれこれ

Fateの世界では、その英霊が生まれた年代が古ければ古いほど強い(傾向がある)なる設定がある。 死に設定あるいは物語を盛り上げるためのフック(敵に強敵感を出させるための)と考えた方がしっくりくるが、このFateの設定は「影響力」なる曖昧なものを考える際にヒントになる。 その人が生まれていなかった未来…