映画「チャンス」のラストシーンを解釈してはならない

※ネタバレを前提に始めるレビュー? です。

映画「チャンス」のラストシーンは印象的であった。

物心ついてからずっと資産家の使用人として働いていた知能の発達に遅れがありそうな男が街に繰り出すのだが、かれのノホホンとした振る舞いと身なりの良さに周囲の人は勘違いし、凋落した元資産家だと勘違いをして、いつのまにか大統領候補にまで上り詰めるのではないかと噂されるまでになる。

そんな話だ。

アンジャッシュのすれ違いコントを長尺にしてコメディタッチをうすめたらこの映画になるだろう。だが、映画「チャンス」はラストシーンにて、知り合いの葬式から抜け出した元使用人の男=チャンス氏が湖を歩く場面が登場する。

予想外のラストシーンである。超常的な力を持っている素振り・予感・伏線はまったくないからだ。

だが、このシーンから「チャンス氏は超自然である」「天使」「神の御加護がある」などと解釈しても仕方ないというのが私の見解である。

映画「チャンス」のメタナラティブ

映画のカメラ、小説の人称(語り)にしてもそうだが、我々は見ているのに向こうには見えていない。映画の登場人物はこちらに語りかけない(例外はある)。

観客はチャンス氏がただのアホであることが分かっている。チャンス氏が「I can’t read」といったとき、時間がなくて読めないのではなくて、文字通り字が読めないことを知っている。

(女中さんであるルイーズの存在は、「チャンスが実際にその屋敷で小さい頃から暮らしてきたこと」を担保する道具となっている。ルイーズがいなければ、「チャンス氏は自分が庭師だと思い込んでいるキチガイではないか」との観客の疑念を残してしまう)

観客は分かっているのに、登場人物はわかっていない。主人公チャンス師も含めわかっていない。

「意図していない意味」を読み取られる場面というのは、実社会においては往々にして悪意に関するものだが、この映画においては「知性」を読み取られる。

読み書きもできず、何も知らないが故に(知らないことは知らないと堂々と言えるチャンス氏の人格も影響している)堂々と振る舞えるチャンス氏に対して、人はあるはずもない深謀を見いだす。

だが、「愚かな主人公」なる印象は、観客の思い込みでしかないのだ。

観客の印象のしっぺ返しとしてのラストシーン

我々は「神視点」の、情報のアドバンテージを得られる状態から映画を鑑賞している。チャンス氏のたんなる無知から発せられる発言に深慮を見出す他の登場人物を笑いものにする。

映画「チャンス」のラストシーンは、そんな観客に冷や水をかけるためだけに用意されたラストである。

あのシーンから、

  • チャンス氏には神通力が備わっている
  • 人間ではない存在
  • チャンス氏は水の上を渡れないことを知らないので、水の上を渡れた
  • 無知と社会実現のメタファー
  • 欲望しないことによって夢を実現することの象徴的表現 

こんなことを考えても仕方ない。監督=作者が企図したのは、「チャンス氏は愚か者である」と信じて疑わない観客の認識と特権的位置を脅威にさらすことである。

観客はきっと映画の登場人物を皆バカだなと思って見ていただろうが(私含め)、「チャンス氏はただの愚か者である」なる認識が、もし誤った印象だとしたら?

チャンス氏は資産家のうちに育ってきたため、身なりはしっかりしている。見た目も聡明そうである。いつも落ち着いている。

仮に、そんな人物が素朴な単語と文法で話し始めたとき、今この世界に生きている我々は「何か狙いがあってこのような言葉遣いをしているのだ」と思うだろう。

それまでは観客はチャンス氏の周辺人物を見下ろしていたのが、ラストシーンでむしろ見上げなければいえないことになるのだ。なぜなら、チャンス氏は不思議な力が備わっているのだから。

ラストシーンと作品本編 

柳美里と小説作品「ゴールドラッシュ」は、それまでの作品とは打って変わって超常的な現象が起こる。伏線は何もない。

だが、読んでいる分には違和感がないのだ。思うに、映画や小説のラスト・ラストシーンというのは、作品と分離しているからだと睨んでいる。

北野武版の座頭市も同じである。実は盲目ではなかった…←いや実はほんとうは盲目だった。この一連の流れと映画本編(ラスト除く)は、関連性が低い。

作品の終盤は、鑑賞者が現実に戻る前のソフトランディングである。多少整合性や世界観を崩そうとも、鑑賞者に印象深くあり続けようとするため、作者は変化球を投げようとする。

だから、ラストシーンと作品本編の分けて考えるテクスト批評はあっても良いのだ。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です