音楽理論を学ぶ決意表明【第一回】ー音楽とは何かー

Twitterで、ここ数ヶ月ずっと音楽関係のことを呟いている。

好きなバンドの話だとか曲の話もするが、もっと抽象的な話だ。そもそも、メカニカルな、テクニカルな話をできる水準まで私が至っていない。

そもそも、音楽とは何なのか。それに付随して、芸術とは何なのか。ここ最近ずっと考えている。

最初に宣言(?)しておくが、そのうちに曲を作りたいと思っている。楽器はピアノになる。ボーカロイドに興味がないわけではないが、あまり熱狂できない。

その曲を発表するかどうかは分からないが、そのうちYoutubeかニコニコで挙げているかも知れない。

音楽・曲の定義ー音楽とは何かー

音楽の定義を、ラディカルに定義すると

  1. 人工物であること
  2. 音(空気の震え)をともなうこと
  3. メロディあるいはリズムのいずれかを伴うこと

この3つだと思う。「あんなのは音楽ではない」「ノイズミュージックは、音楽ではない」など、色々反論はあると思うが、この2つの定義は「前提条件」「公理」(前提抜きで、これから出発する」なので、反論されたところで、「自分はこれから出発している」と反論する。

この定義から言うと、ジョン・ケージの「4分33秒」は、曲かどうか怪しくなる……。ただ、演奏会やCDでこの「曲」が流れれば、そこには無音と雑音が同居する空間が現れる。曲として把握すべきだ。

(”演奏者”は、お客さんとホール、あるいは家の雑音)

しかし、誰しも鼻歌を歌える。そしてそれを録音すれば、上記に当てはまる「曲」「音楽」になる。

絶対音感の持ち主などで、普段の生活音が音程化する人たちは、毎日音楽に囲まれていることになるだろうか? そう考えられるが、ここで一つ視点を変えて、「作曲ができる」とは何なのかを考えてみる。

作曲ができるといえるハードル

ビートたけしの「浅草キッド」は、本人が鼻歌で歌ったものを、譜面に起こしたものらしい。チャップリンのライムライトと同じパターンである。

鼻歌は誰でも歌える。では、それを録音すれば「作曲をした」になるのか?

原理的にはなる。しかし、フレーズを発送できるだけでは、「作曲できる」と見なされない

邦楽にしろ洋楽にしろ、一般的に流通している曲には、AメロやらBメロやらverseやらbridgeやら、展開がある

つまり、鼻歌を二つ作成し、その二つの鼻歌を自然につなげることができれば、その者は作曲できると見なされる。

(たまたま思いついたのではなく、コンスタントにこの作業が出来るのが望ましい。たまたま頭に一曲分の曲が思い浮かぶ人もいる)

楽譜に書く能力があるか

当然だが、筆記文化がないところに楽譜は生まれない。口伝で伝統的な物語や歌が伝えられていく。

(民謡などは、そうやって伝わった。失われたものも多いに違いない)

別に楽譜が書けなくとも読めなくとも、曲を書く能力があると言える。そもそも、楽譜というのは曲を再現するための記号に過ぎない。人類の歴史から言って、楽譜以前の音楽の歴史の方が長い。

楽譜(タブ譜だとか、オリジナルの記譜法含む)で記録できれば、あとから見返してそれを再現できる。だが、記録しなくてもずっと再現できるなら、それは「作曲できる」と見なしても良いだろう。

作曲に限らず「~できる」と人が言えるためには、その行為Aを再度実行できる必要がある。「たまたまできた」では、「できる」と言えない。

曲らしい曲を書く能力

世の中には、メロディがなくドラムのビートしかないものがたくさんある。大太鼓の曲にしろ、メロディらしいメロディはない。

大家だとか権威ある立場になれば別だが、誰もドラムの叩き順を考えたからといって、作曲できるとは見なしてくれない。

ハーモニーはなくとも良いが、最低でもメロディは必要だろう。

パクリと作曲能力

例えば、既存曲を耳コピして、それを譜面に起こしたとする。作曲したとは言えないだろう。

ただ、「たまたま似る」というのはある。セブンネイションアーミーと、ブルックナーの交響曲5番だとか。あいみょんとメダロットだとか。

特に、メロディを単音から作っていって、和音などを厳格なルールで決めていけば、必然的にどこかの曲に似る。

たまたま似てしまうのは、むしろ嬉しい。職業作曲家としては喜ばしくないことだが、私は「曲を作って、その曲を皆に公開し、楽しんでもらいたい」「人気になりたい」というよりかは、「美しいメロディと、そうでないメロディの違いを知りたい」といった方に興味がある。

何となくは予想がつくのだが、いかんせん音楽知識がほとんどないので、自信をもって言えるセオリーが何もない。そこにワクワクしている。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@yamakawa6500
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です