感受性が強いというのは損だが、その損を愛してはいる

「バカ」というのがいる。善も悪もない、モラルとも向き合わない。向き合えない「バカ」。

バカは、ポリシーが理解できない。この世の全てを、自分を攻撃する人か否かでしか判断できない。噂話に花を開かせる井戸端会議の宇宙に生きている。

バカは、行動力が高いことが多い。大抵は失敗するが、たまに成功する。そして、自分がなぜ成功したのかわかっていない。

バカには、良心の呵責がない。過去の自分に悩まない。あのときああすればよかったと悩まず、まあいいやとなる。

バカとカルト宗教は無縁である。素朴な愛を説く宗派なら親和性が高いかも知れないが、自らの人生を全て投げ出すことを要求する新興宗教などには、ハマらない。途中で嫌になってやめる。

バカは、友情に厚いし、同時によく裏切る。裏切ったことも、恩義を感じている自分がわからない。メタ認知ができないバカは、省察ができない。「なぜ自分はそう考えたのか?」と、思考の枠組みの外から考えられない。

バカにわかるのは、恩義と、礼儀礼節、マナー、処世術だけだ。喧嘩になれば、相手を立場で黙らせて、論争に勝った気になる。

バカは、凡庸な発想であっても、それが凡庸であるかどうかメタ的に認知できない。

軽々とポリシーを風見鶏のごとく右往左往させ、都合のいいポジションをとれる人、それでいて矛盾に苛まれずに済む人がいる。

平気で友情につけ込み、良心の呵責を感じず、行動できる人がいる。

自分は間違ったことをしたかも知れないと、反省せずとも生きていける奴がいる。

平気で子供に怒鳴り散らせる奴がいる。

そういう人になりたくないが、たぶん俺は事実上はそういう人だ。

桜田真助
  • 桜田真助
  • 92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です