海外から愛される新3大日本人英語

日本人の英語はバカにされがちである。特に英語Tシャツなんて、「海外の反応」系の格好のネタにされている。

「海外の反応」はあくまでも日本人が消費するコンテンツだが、当の海外でも日本人(アジア全域と言い換えても成立するが)の英語はバカにされている。

 別に、英語Tシャツなんて日本国内で消費流通するものだから、国外の反応なんて気にしなくて本来良いものだが、バカにされているものをワザワザ着ようとは人は通常思わないだろう。

「海外から愛されている日本人英語」は存在する。愛されているといっても、半分バカにされて(”愛おしい”に近い)いたりするが、彼らの印象と記憶に強く残り、その記憶が幸せな状態を作り出すのだから、バカにされていても良いではないかと思うのだが、皆さんはどうなのだろうか?

(『ALL your base are belongs to us』などの有名すぎるミームは、今回省いた』 。なお”新”3大と新を付けた割には例が古いかも知れない。ご勘弁願う)

Are you okay??

KOFの主人公格テリー・ボガードが、必殺技「バスター・ウルフ」を発する前に発するセリフである。「Are you okay?」は訳すと「大丈夫ですか?」なる意味になるが、殴る前に「大丈夫ですか?」と聞くテリーは正直どうかしている。

おそらく「Are you Ready?」のニュアンスから「Are you okay?」のセリフを挿入したのだと思うが、必殺技で強襲する前に相手の安否を確認するそのサマは、英語圏ユーザーの心の琴線に触れた。もちろんネタとして。

セリフ自体は”日本人英語”ではないが、使うタイミングがおかしいため今回ランクインした。

ZA WARUDO

ジョジョの奇妙な冒険第三部「スターダストクルセイダース」で、宿敵DIOが発するセリフ。日本人は「R」の発音が苦手なのと、英語をカタカナに変換し、それをカタカナのまま読むという慣習の末に生まれた。

日本語は母音が強い言語であり、日本人的な読み方をすると「World」の最後がどうしても「DO」になってしまう。

ジョジョの奇妙な冒険は日本人原作の漫画だが、DIOは設定上イギリス人であり、そのDIOがいかにもな日本人英語を発しているギャップも相まって、海外から愛される日本人英語になった。

なお、他のスタンド名「スタープラチナ」や「マジシャンズレッド」がそれほどネタになれないのは、「ZA WARUDO」ほど発音に違和感がないのと、「ZA WARUDO」の技名(正確にはスタンド名)の言い方が、凄まじく気合を込めたため生じた違和感から起因すると考えられる。

もっと言えば、DIOが人気キャラであることも強く影響しているだろう。こちらもネタとして愛されている。

Devil May Cry

仮に「デビルメイクライシリーズ」が、「デビルバスターズ」みたいなクソタイトルだったら、今ほど評価は高くなかったと断言する。

「Devil May Cry」は、前述の2つの例と違い、ネタとしてではなく「カッコいい」と思われている。英語圏でも違和感なく受け入れられ、なおかつほんのり「外国人が思いつく英語タイトル」なのもポイントが高い。

普通の日本人は、「アサシンクリード」の「クリード」も、「オビリビオン」も意味が分からない。つまり、日本人に英語タイトルでゲーム内容を想像させようと思えば、中学生でも分かる英単語と英文法を用いるしかなくなる。

「カッコいい」「日本人でも理解できる」「ありきたりじゃない」この3つのハードルを超えた「Devil May Cry」は、日本人英語の金字塔(?)と呼ぶに相応しいだろう。

そんなに気にすることはない

日本人の英語は海外でネタにされていると書いたが、そんなに気にすることはない。インド人の英語だって、ロシア人の英語だって等しくネタにされている。

「らんま1/2」のシャンプーはステレオタイプな中国人の語尾「~アルよ」を使うが、あの感覚でアメリカ人などは「アジア人の英語発音」をマネたりする。

「90 Day Fiance」というアメリカの人気リアリティショーにZiedというチュニジア人が出てくるが、彼の英語は世界中でネタにされている(”Me not accept this”” I work so much work”など)、だが、英語圏の人間は非英語圏の人間の文法間違いに寛容である。

なぜなら、「外国人が文法的におかしい英語を話す」場面に彼らは慣れているからだ。日本のような、日本語を話せる人口がほとんど日本国籍であるといったようなシチュエーションとは事情が異なる。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@yamakawa6500
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です