「沼る」はセーフでも、「沼プレイ」はアウトである

沼る(ビデオゲームなどで膠着状態に陥ること)は差別用語ではないが、沼プレイは差別用語である。あるいは際どい…”唖然”くらいは。

沼る は、沼にはまる あるいは 泥濘(ぬかるみ)にはまる など、足が取られて動けないことを指す慣用表現が動詞化したものと解釈できる。

沼プレイ……例えば、遅々として進まないプレイを沼プレイと呼称するなら上述の「沼にはまる」系統の言葉だと受けとめることが可能だが、そうではなく、阿保莫迦なプレイに対して用いられる語であるため、沼プレイの沼の起源・転移は「知的障害者→知障→池沼→沼(ぬま)」であると考えるよりほかない。そうとしか考えられない。

因って、沼プレイは公的には使用すべき語ではないと結論付けられる。差別的な言葉が源流にある。

沼る・沼ったは可であろう。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です