真理と諸相・技と己を信じること

人妻が好き・人妻フェチというのは、正直分からないでもない。心理学はあまり分からないし、人の心に敏感なわけでもないが、そんな人もいそうな気はする。

ただ、これが逆転する・倒錯するケースを散見する。何を言っているのだと思われるかもしれないが、詳しく説明する。

例えば、〜プレイ、彼女・彼氏は別に強盗ではない。しかし、あくまでも強盗のように扱い、あたかも強盗にアクシデンタルに襲われたかのように振る舞う。

焼夷弾が降り注ぐ時代に、こんなプレイをした連中はいなかったはずだ。

禁止されていない、禁止がない、自由であることに耐えがたくなり、あるいは飽きて、あえて不自由な状況に身を突っ込む。

この心理的作用にプレイとしての自覚があれば良いが、自覚なきプレイは厄介である。

“君は、倒錯的なプレイをしているだけで、ほんとうは安全圏にいるんだ”といっても、その言葉が届くかどうか。

“親父の説教”のようになってしまうが、”自己責任”的発想に転換することはできるのに、被害者意識に留まり続けることの方が容易である。

典型的な“親父の説教”…「若いんだから、君は何でもできる」というのは間違っていない。間違いがあるとすれば、その”何でもできる”は親父にも当てはまることである。

社会的弱者

先進国に、ほんとうの社会的弱者はいない。個人個人ではいるかも知れないが、集団としては居ないだろう。

となると、フェミニズムなるものも、国粋主義と何ら変わりがなくなる。

もしかすると、障害者のための活動すらそうなるのかも知れない。

恵まれた国に住む”かわいそうな人たち”は、ほんとうに同情に値するのか。

私の結論は、”値する”だが、これは理屈で導いた答えではない。理屈で導いた倫理ではなく、公理のように据えたルールなのかも知れない。

発展途上国への募金の決り文句「~円で、~国の子供命が〇〇人救えます」。たまに街角で「子供の手術代が3000万円必要です。募金お願いします」といったものを見るが、この2つを重ね合わせると

発展途上国の子供2000人を救えるお金で、先進国の子供の命を一人救えます。

に、なってしまう。これには反発を覚える。子供の手術台をかき集めようとする親の活動を、自分勝手だとか、先進国病だとか、恥じるべきだとは全く思わない。

倒錯・勝利

「相手を批判する」「否定する」ことが目的になると、理論が倒錯する。嫌いな人はいたとして、その人がゴルフをやっていたとする。

「ゴルフなんかやってるから、あいつは人を蔑ろにできるのだ」

こんな結論を導き出し、悲しいことにこのたぐいの言説はよく出回る。

プロレス幻想」なるものも、まず「プロレスラーは強い」から始まり、そこから「なぜなら……」が展開されていった。

プロレスラーは普段、相手の技を受け続けている。だから打たれ強い。防御の仕方もわかっている。技の受け方を知っているということは、受け身も熟知しているし、避け方もわかっている。…。

さすがにプロレスを真剣勝負だと思っている人はなかなかいないが、それでも「プロレスラーは強い」と信じている人はまだまだいる。

「プロレスラーは弱い」とは言わないが、いかに相手にダメージを与えるか追求し続けた人間に、一朝一夕の練習で追いつけはしない。永田対ミルコはその象徴的試合である。

「ガチ」でも強いレスラーはいるが、プロレスラーは「真剣勝負」でも強くなければいけないというのは、賛同しかねる(”ストロングスタイル”とは、戦いのスタイルではなく、”プロレスラーは強くなければならない”というイデオロギーである)。

特別な幻想

LYOTOの父親が、「息子は、ムエタイを覚えてからダメになった。今は空手に回帰しています」とどこかで語っていた。

空手家にしかできない、ムエタイ選手にしかできない技というのはない。正確には、どのコンバットスポーツもメソッドを独占できない。

裸一貫でブラジルという異国に渡り、子供を三人育て上げ、UFCのチャンピオンを排出した男のルーツは、松濤館空手である。

その男が、空手…あくまでもリョートの活動の場は総合格闘技なので、より正確には”空手らしさ”だろうが、こだわっているのに不思議はない。

たとえ間違いを指摘されても、自分より優れた・効果的な技術を目の当たりにしても、自分の人生と信仰を否定されたような気がして、それまでの自説に固執する。

武道家はインテリである必要はないが、学者であってもそのような態度は往々にして見受けられる。

“私”が負けたのは、空手が間違っていたのではなく、精進が足りなかったからである。そう信じ続ければ、空手は完全無欠で居続ける。是非はともかく。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@yamakawa6500
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。