信じたいものを信じる人たち・メディアクラシー

アメリカだとか日本の(自称)保守派の方々は、普段、CNNだとかBBCだとかの報道機関をフェイクニュースだとかのたまうくせに、ことウイグル関連のニュースになるとそれらの報道機関の報道をうのみにする。

結局、人間というのは信じたいものを信じる生き物なのだろう。

そもそも、中東に散々爆撃していたり、イラクに大量破壊兵器があると証拠を捏造して戦争して攻め入るような国の報道に、どれくらいの信憑性があるのか疑問である。

中東において反中国感情がBBCやCNNの報道に関わらず盛り上がってないのは、よくよく考えれば当然である。イギリスも、中東において領土問題を引き起こした原因である。そんな国の報道の訴求力がいかほどのものなのか。

ウイグルにまつわるプロパガンダ

ウイグル人の人口増加及びモスクの建立数を見れば、ウイグル人及びイスラム教徒が虐殺されていたり、断種されているなんてことはないと分かるのだが、どうやら欧米メディアは「中国共産党によるウイグル人弾圧」を演出したくてたまらないらしい。

カタールのメディアであるアルジャジーラがインドのヒンドゥーナショナリズムや仏教徒の暴力性などにフォーカスするのは、仏教徒及びヒンドゥー教徒へのネガティヴキャンペーンである。

もちろん、ニュートラルなニュースメディアなどあるはずもないが、いかに人がコントロールされやすいかがわかる。

ただし、中国共産党(CCP)の言う「再教育のための施設」というのは一面で、もう一つは「潜在的なウイグル分離派の調査」も含まれているとは思う。

第一、イエメンやらアフガニスタンの惨状を見れば、中共はそれほど酷いことは(今のところ)していないことがわかる。

「国内のイスラム教の不満を中国・中共に移す」ことを目的にしてることなど、考えなくともわかる。国民に一体感をもたせるために、差別する対象を作り上げているのだ。よくある話である。

(BBCは、ありもしないロシアのフーリガン問題を捏造していたりもする)

民主主義は存在するのか

中国やベトナム、シンガポールは民主主義ではない。しかしながら、経済的に成功している。

民主主義と聞いていつも思うのは、この私の思うような政治は一向に行われないことだ。私の意向が政治に反映されていない。

メディアと政治機構がべったりくっつくとロクなことにならない。MBSと前大阪市政の癒着は知るところにある。

世論や民意というが、未来を考えない高齢者世代の意向だけを尊重されておいて、何が「民主」だろう。

(愚痴っぽくなった)

だが、民主主義には良いところもあって、それは勝者・多数派は常に少数派に影響されることである。

サンダースではなくバイデンが民主党の代表として選ばれる。大衆が現状に満足している限り、保守的な政策が選ばれ続ける。ラディカルな政策ではなく、穏健な政策が選ばれ続ける。

思うに、独裁というのも独裁者が何から何まで決めることはできないので、独裁というのは実質的には官僚制だし、民主主義も、直接民主主義も官僚制だろう。寡頭制と言い換えても良い。

独裁ー民主主義というのは、アスペクト状態であり、傾向であり、ほんとうの独裁や民主主義はイデアルに夢想することしかできない。

メディアクラシー 

デモクラシーにメディアというワードを組み合わせた、メディアクラシーなる言葉がある。

本義は、政治のおけるメディアの影響を剔抉したものだが、転意して「メディアによる政治支配」の意で使われたりもする。

ロシアの国営放送をYouTubeでよく見るが、基本的には国民を高揚させる(ホルホルさせる)プロパガンダが垂れ流されている。だが、ロシアにおける少数民族の歴史や文化を紹介したりするプログラムも多くある。ロシア国民としての一体感を高めるためには必要なプロパガンダだろう。そんなに融和が進んでいなかったとしても、差別がある問題があると喧伝するよりはプラグマティックに良いのだ。

BBCやCNNの執拗な中国・中共叩きは、国民意識の形成に役立っている。そういう面では、差別ではあっても役に立っている差別ではある。

メディアであれ、大本営発表であれ、ホルホル番組であれ、国民の見せたいものを見せているという面では民主的なのだが、それが真実とかけ離れているとき、国民が真実を見たがらないとき、メディアがすべき仕事とはなんだろうか?

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です