イデオロギーと組織、あるいは組織とは

イスラム国は組織ではなくイデオロギーである。Antifaは組織ではなくイデオロギーである。タリバンはパシャトーン人を主体とした民族組織・武士団に近い存在だが、アルカイダはそうでもない。一つのアルカイダなる組織があるわけではなく、オサマ・ビンラディンの思想に影響された人たちがいる。

しかし、共産主義・マルクス主義はイデオロギーでも、共産党なる組織は存在する。

イデオロギーと組織

全米ライフル協会のようなことを言うが、イデオロギーは人を殺さない。イデオロギーに影響された人が人を殺したり、なんらかのアクションを起こす。思想自体は物理的な影響を世界に与えられない。

いわゆる半グレとヤクザの違いを考えてみるとわかりやすい。ヤクザには部屋住み期間があり、上納金のノルマがあり、名簿があり、明確にメンバーが存在する。抜けるときには一悶着がある。

(最近は、結構簡単に抜けられるらしいが)

反社会的組織は人を殺せるが、反社会的思想は人を殺せない。また、反社会的思想に影響された、感銘を受けた、それに触れた人が皆人を殺すわけではない。共産党員の大半は粛清に加担しない。

仮にこの世界から特定の人種を抹殺すれば、その人種は消え絶える。しかしシーア派のムスリムを抹殺してもシーア派は消え絶えない。

理論上は、(個人的な恨みは全くない)「ポリネシア人」と呼ばれている人たちを地球から抹殺することは、物理上では可能である。だが、宗教だとそうはいかない。言語もそうだ。現代ヘブライ語は古代ヘブライ語とは違う言語だが、とにもかくにも復活した。

イスラム国メンバーと時を過ごした人全てがテロリストになるわけはないが、イスラム国メンバーと接触があった人をピックアップして、テロを謀っていないか疑ってかかるのは正当性がある。そう私は考える。

「組織」を住民票のような、戸籍のようなものと考えると、ヤクザなんかはそもそも組織ではなくなる。(少なくとも今のヤクザは)名簿表など持っていないからだ。立て札もない。

名簿などなくても、あるいはお互いの名前など知らなくても、例えば「組織から抜ければ、抜けようとすれば殺害する」集団があるとすれば、それは組織だろう。ただし、その「組織」に自主性をもって参加している必要がある。

捕虜が強制的に兵士にさせられるのと、地元住民が自主的にタリバンに入るのとでは責任の所在が違うだろう。

北極は大陸でもないが、あの地で地上生活を送っている探検者と動物がいる以上、大陸のようなものと考えられるだろう。

最も強固な組織とは

もっとも強固な、コンクリートな組織とはなんだろうか? (組織=Organization)

さきほど、イデオロギーと組織の関係を述べたが、イデオロギーはそれだけでは存在できず、人を介さねば真には「存在」できない。

金正恩を暗殺しても、多分妹の金与正が独裁者の位置につくだろうし、そのほかにも幹部が今の総書記の立場につくかも知れない。

イデオロギーの対極に存在する存在として、「人間」あるいは人民、地球人を設定できるだろう。イデオロギーに染まっていない人などいないのだ。

(イデオロギー =価値観)

アメリカの保守系メディアはよく「ordinary people」=一般人なるワードを使うが、広義における中華思想である。

私は全ての価値観は相対的であるとは考えていないが、何かを考えるとき、中心を設定せずして考えることはできないとは思っている。

(欧米人の歴史観に対してヨーロッパ中心主義であると批判がなされるケースがある。だが、中心なくして歴史は語れない)

つまり、総合すると「純粋なイデオロギー」あるいは「純粋な人民」の両方は、理想的な地点、仮想的な存在として設定することはできても、実際には存在しない。

考えてみれば、テロ対策基本法だとか殺人未遂だとか、実際に犯罪を(物理的な意味で)犯していないのに逮捕される奇妙な取締である。脳内であるいは口だけで「殺してやる」と誰もが口走ったことがあるだろうが、彼らを逮捕してしまえば日本の人口の八割は刑務所に入れられるだろう。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です