感受性が強いというのは損だが、その損を愛してはいる 考察/探求/自意識

感受性が強いというのは損だが、その損を愛してはいる

「バカ」というのがいる。善も悪もない、モラルとも向き合わない。向き合えない「バカ」。 バカは、ポリシーが理解できない。この世の全てを、自分を攻撃する人か否かでしか判断できない。噂話に花を開かせる井戸端会議の宇宙に生きている。 バカは、行動力が高いことが多い。大抵は失敗するが、たまに成功する。そして、…
クソコンテンツの存在意義 笑い/コメディ/ユーモア

クソコンテンツの存在意義

ダイノジの大谷が、芸能界で「スター」になるのは、ツッコミではなく「ボケ」の性質をもった人間だとどこかで言っていた。 この文脈における「ボケ」というのは、ゴシップを量産する人物ではなく、なんとなくおっちょこちょいを連発する人、失敗を多くする人、変わり者といった意味により近い。 もちろん、「ボケ」でない…
フェチ化=モノ化、非人格化 恋愛/性愛

フェチ化=モノ化、非人格化

フェティシズムとは、対象をモノ化することであるとする。 対象は、体のパーツであったり、人種であったり、民族であったりする。 あるいは、職業であったり、曖昧な言葉だが、「属性」であったりする。身長もあてはまるだろう。 フェティシズムを完全に否定してしまうと、ロールプレイングを否定しなければいけなくなる…
他人と、見返りを求めない愛(贈与) 考察/探求/自意識

他人と、見返りを求めない愛(贈与)

嫌いではないのに嫌いだと思われたり、相手はこっちを好いてくれてるのに、好意をお返しできなかったり、望まないお見合いを望んで来たり、梯子を急に理不尽に(私の主観ではあっても)外してきたり、急に傷つけてきたり、しんどさを分かってくれないったり、泣いて電話をしてきた相手をあしらったりする。 (主語は他人あ…
人はなぜ笑うのか?どういったときに笑うのか?それを知りたい 笑い/コメディ/ユーモア

人はなぜ笑うのか?どういったときに笑うのか?それを知りたい

noteをはじめようと思っている。そこは、ここみたいに支離滅裂でとりとめのない文章ではなく、きちんと構成と段落(章組み)のあるものを投稿したい。 書こうとしているテーマは「笑い」。お笑い芸人だとかバラエティの裏側を観察するのではなく、ほんとうに「笑い」についてだ。 僕は子供の頃からお調子者で、皆の前…
「行動できない病い」 考察/探求/自意識

「行動できない病い」

(「病」だけだと「びょう」と読めてしまうので、「病い」とした) 全人類の97%程度は「行動できない病」にかかっていて、2%は行動力だけあるバカで、残りの1%が行動もできるそして頭のいい連中だ。 なんてな。 私が、行動できないのは、やるべきことを毎日明日に回している/後回しにしているからだ。うつ病だと…
帰属意識を与えてくれるものがない(のだろうか?) 考察/探求/自意識

帰属意識を与えてくれるものがない(のだろうか?)

一口に「大阪」と言っても、だんじりで盛り上がる地域と盛り上がらない地域がある。だんじりの伝統は大阪全域に渡っているわけではない。 だんじりの季節になると、岸和田とかそこらへんの人間がまつりを取り仕切る青年団の悪口を言い出すのは季節の風物詩だが、いい加減飽きた。大阪市北部の人間からしたらどうでもいい話…