ゲイレスリングはノンケから馬鹿にされているのか

(※この画像は、「Blue fool」ではありません)

クリストファー・ウールの有名な作品「Blue fool」。現代アートの半素人の目から見ても、どう考えても4億7000万円の価値はない。

たしかに、「一点もの」はどんな値段がついてもおかしくない。それにしたって、こんなものを何億円も出して購入して、何がしたいんだろう?

村上隆は、アートマーケットには「社交界の競争」と道楽があると言っているらしいが、そもそもアートマーケットは実用性や使用価値とは離れたところに成立している。ダイソーや無印良品とは違うのだ。

前述の「Blue fool」の値段は、金のかかった大喜利だと思えば納得がいく。話題になるの間違いなしだ。(おいあいつ、なんか金出してでっかく「アホ」って書かれた絵を買ったらしいぞ)

すしざんまいの社長は、大金をはたいて初競りのマグロを落札しようとするが、コマーシャルになるし、名誉も市場の人間から得られるだろうし、それほど企業として悪いアクションではないだろう。現代アートにお金をつぎ込む富裕層のアクションと、それほど本質的な差異はない。

真剣なものは流行らないのか?

ニコニコ動画では、いわゆる「レスリングシリーズ」が隆盛を極めていた。そこでは、「パンツレスリング」(正式には、アメリカンゲイレスリングと呼称するらしいが)大の男二人がお互いのパンツを奪い合うという、元々は変わり種のゲイビデオで行われる競技(?)だったのが、釣り動画やMADの素材によく使われていた。

もともとは日本で再発見されたアメリカンゲイレスリング。逆輸入される形で、twitchやYouTubeにも進出している。そこのコメント欄で「この動画は、俺がインターネット料金を支払う理由だ」「俺たちは正しい時代に生まれた」など、褒めそやすコメントが見受けられる。

そんなわけはない。コメントした当人らも、本気で言っていない。

僕が不思議に思うのは、彼らが「なぜそんなことを言ってしまうのか?」「なぜ流行ったのか」。それと、「動画作者は、こんな不真面目でナンセンスなものに時間をかけて作ってしまうのか」だ。

「社会が退廃的になっている」と右翼みたいに切り捨てたくはないが、あまり健全ではないと思う。確実に言えることは、アメリカンゲイレスリングは、ノンケからバカにされている。同じくらい、あるいはもっとアホらしいポルノ作品が、ノンケ向けに大量生産されているにも関わらず。

反作品

ガチムチパンツレスリングの演者も、演技最中に我にかえり、吹き出してしまうようなことはあったろうが、あのビデオ群はゲイポルノとして制作されており、コメディではない。

思い出すのが、2014年に世界的ニュースとなった野々村竜太郎議員の号泣記者会見だ。

彼は世間の話題をかっさらったが、それは彼の横領のためではなく(政治家の公金私用に、ニュースとしての価値があるのか?)、泣きながら絶叫し謝罪会見を行なったためだ。謝罪会見中の、奇妙な言動は、見るものに強い印象を残した。

部外者にとってはコメディかも知れないが、野々村本人は別に鑑賞者を楽しませたかったわけではないだろう。

…ハプニング・ノンフィクションのコメディは、作業用BGMや環境音楽に似ている。作品が「集中して見ろ」と命令してこないのだ。なぜなら、そもそもしょうもないから。メッセージもない。あるいは、メッセージがあるかどうか気にしなくとも気にならない。

カウンターの言説のターゲット

あなたは、建設的な議論をしなくても良い。ある言説の矛盾・論理の破綻、稚拙さ、発信者の誹謗中傷をしても良い。それに、これらのアクションは”効果”がある。楽しむ人もいるし、必要としている者もいる。

疑問なのだが、「より多くのバカを見つけたものが、より賢い」ことはあるだろうか?

…「テストでより悪い点を取った方がカッコいい」というのと、アメリカンゲイレスリングのMAD動画を褒めそやすこと、キャンバスに「Fool」と描かれた絵を大金はたいて買うこと、ヲチ行為……

(自分の優秀性を感じたいがために、愚かなものを探し求める人生を送る人らは、少なくない割合で人種差別者だろう)

理解されないこと、ミステリアスな印象を与えること、刹那的であること、感覚派であること。

誇るべきことなのか?

常識と常識感覚・自然言語の感覚は、拭いがたいものだ。それに、擁護者も多く、賛同者も多い。理論的整合性もあるし、強度も高い。

常識と自然言語は、ものを考える用には出来ていない。それらに依拠して塔から出ようとしなければ、あなたは可能性の8割を失う。断言する。

桜田真助
  • 桜田真助
  • 92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です