サッカーは良いスポーツである(逆もまた然り)

サッカーは良いスポーツである。「ほな悪いスポーツがあるんかいな」とツッコミが入りそうだが、スポーツ選手をロールモデル・人民の規範として政治利用しようとしたとき、サッカー選手はうってつけである(詳しくは後に説明する)。

良い点というのは悪い点・短所と裏表の関係であるため、これから私が挙げる良い点も「悪い点」として捉えうるが、両側面に光を当てながらサッカーというスポーツを考察していきたい。

コストが最小限で済む

ボール一つと、枠二つあればサッカーはできる。試合形式でなければボール一つでもできる。野球やアイスホッケーではこうはならない。

家庭の経済状況に関わらず参加しやすいスポーツである。そして、この「良い」は私の「スポーツは、家庭・世帯・当人の経済状況に関わらず参加できるものであるべき」なる価値感の下で「良い」の判断だ。

だから、自分の子をほかの中産階級・労働者階級の子たちとかかわらせたくない・交流させたくない親御さんはいる。

彼らにとってサッカーは「悪い」スポーツになる。特に南米やヨーロッパなどの安価にサッカーのクラブチームに所属できる環境では。

(子どもを上流階級の子たちと一緒にスポーツをさせたいのなら、カートや乗馬、ゴルフなどがふさわしいだろう)

身長にあまり左右されない

オリンピック選手団の平均身長を比べると、一位がバスケで二位がバレーになるそうだ。

フィリピンでは国技と呼んで良いほどにバスケットボールが盛んであるが、今まで(2021年現在)一人のNBA選手も輩出していない。

ボクシングに求められる才能は瞬発力と身体操作と持久力であり、大まかな才能としてはバスケットボールと同じである。フィリピンは幾人ものボクシングチャンピオンを輩出しているのに、バスケはそうではない。

ハッキリ言って身長以外の原因が見当たらない。そもそも、平均身長が165cm程度の国でよくバスケが盛んになったなと思うが、湿潤でスコールなども珍しくない土地であることを考えると納得できる。

(フィリピンにはサッカーに適した開けた土地も少ないそうな)

体操なども身長は大いに影響するが、体操競技においては小柄であることはほとんど何も意味しない。オリンピックの体操代表に選ばれるような人らは、子供の頃になかば遊びのようにして体操をはじめ、10代の頃から本格的な練習を開始する。

バスケにおける身長は大いなるアドバンテージである。マイナー競技や格闘技を除けば、十代なかば・後半から始めてプロになる、なった例の最も多い競技ではないだろうか?

西洋人(黒人も含む)は身長が世界平均と比べて高い人々である。バスケットボールにおけるheight advantage は、西洋人が支配的であり続ける一つの理由だろう。 

スキル・技術に大いに依存する

サッカーが上手くなるにはサッカーの練習が最も効果的だ。サッカーは、その競技固有の技術体系を学ぶ必要がある。

(フットサルは例外)

アメリカンフットボールは、練習を長年やってきた人よりも昨日アメフトを始めた身体能力抜群の筋肉ダルマがより活躍する可能性の高い競技である。

乱暴な結論づけるが、バスケやバレーもそうだ。身長と身体能力が高ければ、子供の頃からバスケ・バレーをやってきた連中に勝てる。

スポーツ選手はいつの時代も政治利用される存在だが、才能・素質・後天的に得られぬものに比較的により依存するスポーツは、子どもたちに「練習しても才能がなければ意味がないよ」と暗にメッセージを発してしまう。政治利用はしにくい。

体格や身長よりも、努力と鍛錬を強調しやすいスポーツの方が、社会により良いメッセージを、影響を与えてくれると私は強く信じる。

逆に考えると、サッカーはあなたがどれだけ素晴らしい身体能力を備えていようが、長年の鍛錬を経なければ一流になれない。

環境に恵まれず、あるいは縁がなく、サッカーをユースや部活で練習してこなかった青年がさぁ今からサッカー選手になろうと決意しても非常に難しい(もちろん例外はいる)。

(先ほどサッカーはお金のかからないスポーツだと言ったが、もしかすると総金額で考えるとそれほど安くはないのかも知れない)

プロリーグが世界各国にある

プロスポーツ選手(その競技だけで生計が成り立っている人たち)の総数のうち、サッカー選手の割合は疑いなく最も多い。

世界各国津々浦々にプロリーグが成立している競技は、サッカーくらいだろう。アフリカも例外ではない。早い話が、サッカー選手になれるチャンスが世界中に転がっている。

ファンからすれば悩ましい。どのリーグを見れば良いのかわからなくなる。

欧州スーパーリーグ構想は頓挫してしまったが、仮に実現すれば、サッカーにおけるNBA=世界最高峰の競技者が集まるリーグが出来上がっていたことだろう。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@kingofgatayama
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です