希少性

「希少なもの」になぜ人は魅入られるのか お金/経済

「希少なもの」になぜ人は魅入られるのか

いつでも、どこでも、なんでどきでも、望んだものが手に入る生活あるいは世界は、実のところそれほど人間にとって楽しいものではないのだろう。 量産できるものを量産せずに、品数を抑えて販売する手法を「リミテッド・エディション」というらしい。おそらくだが、人には「いつでも手に入るものは、重要なものではない」と…