文体

文学ニア・イコール エクリチュール覚書 小説

文学ニア・イコール エクリチュール覚書

たとえば「歴史」を考えるとき、中国の歴史やローマの歴史といったものはなく、歴史しかないと考えたとき、一つの文明・一つの建造物に与えられる規格・位置の位置をいわゆるそれまでの言葉で言う文学作品に与えんとするものである。