現代アート

クソくだらない作品を断罪する権威 権威

クソくだらない作品を断罪する権威

コンセプチュアル・アートという概念がある。「そういうジャンルがある」と考えるよりは、「アートという言葉を、何も絵画だとか彫刻に限定して使用しなくてもいいのではないか」という提唱を名詞として表現したものが「コンセプチュアル・アート」と捉えた方が理解は遥かにたやすいだろう。
「抽象画」の需要は無限に続くだろうということ 現代アート/アート

「抽象画」の需要は無限に続くだろうということ

マルセル・デュシャンの「泉」は、現代アートの出発点だと一般的に言われている。しかし、一般国民の意識レベルからすると、「現代アート」の出発点は抽象画だと思う。 ピカソの「アビニヨンの娘たち」はド素人には難しそうだが、ポロックの絵は我々にも描けそうだ。あの感じの抽象画、抽象画に限らず「描くことに訓練やス…