芸術史上の価値と、芸術作品としての価値

「ベルリオーズは作品としては大したことないが、音楽史上では重要。逆にメンデルスゾーンは芸術作品として素晴らしいものを残したが、芸術史的には無いのと同じ」

ブログだかTwitterだか忘れたが、概ねこのような発言をバレンボイムが行ったらしい。

クラシック音楽、芸術、サンプリング、現代アート。最近ずっと考えているこれらのトピックと、関連性の高い意見だ。

サンプリングのないクラシック音楽

マルカンドレ・アムランが、世間的にはマイナーとされている作曲家(アルカンだとかメトネルだとか)の作品を取り上げて、結果その作曲家・作品が再発掘・再評価される。

クラシック音楽における、過去のマイナー作品の演奏は、意義的にはヒップホップにおけるサンプリングに相当する。

「過去マイナー作品の一部分を切り取り、自作の曲に引用する」行為が、よりサンプリングらしい行為ではあるのだが、クラシック音楽の場合、過去作品の録音をそのまま引用して曲を作る営みは一般的ではない。例外を除き、実演を想定しているからだ。

サンプリングにも賛否両論はあるだろうが、過去の埋もれた作品に再び火が当たるのは確かである。

クラシック音楽とヒップホップ。片や再演を基調とするカルチャーと、片や自作演奏を基調とするカルチャー。

端的に言えば、クラシック音楽においてサンプリングなる営みは難しい。クラシック音楽のCDで、アダージョだけを集めたものがあるが、あれが比較的近いかも知れない。

…もしかすると、クラシック音楽を取り囲むカルチャーそのものが、サンプリングを基調としているのかも知れないと思う。100年、200年前の過去作を延々と彼らは演奏している。

コピーバンドが主流な世界だ。

芸術史における新しさ

小説ならば”意識の流れ”や、絵画ならばキュビズムなど、新しい表現方法、そして新しい見方がときおり芸術史上に現れる。

(キュビズムにしたって、古代の民族絵には既に見出しうる表現形式)

だが、「良い芸術とは、鑑賞に値するものである」というテーゼを適用したとき、作品のスタイルが新しいかどうかなど、ほとんど問題でなくなる。

あくまでも、ほとんどである。今更バッハ みたいな曲を書いても誰も評価しないし、なんの変哲もない人物画を書いても画壇・ギャラリーから無視される。

鑑賞者にも、アンティーク趣味・アンティーク主義とでも言える感情態度がある。

(制作年が古ければ古いほど、採点が甘くなる)

このアンティーク趣味も擁護できる。パイオニアと追随者とでは、パイオニアの方が評価されて然るべきだ。

アンティーク主義と芸術と大衆

前述のアンティーク主義が適用されるのは、クラシック音楽だけではない。ポップス・漫画も然りだ。

ただ、ポップスや漫画の場合には批評家の影響力がほとんど及ばない「大衆の権威」が猛威を奮っているので、独創性など問題にされない。

(NARUTOが忍空を換骨奪胎した作品であることは一目瞭然だが、NARUTOの評価はそれで変わったりしない)

問題になるのは、あまりにも酷い場合である。オレンジレンジだとか、ワンピースと絵柄が同じのフェアリーテイルだとか。

逆に、「大衆芸術観」「大衆の権威」といったワードで、独自性やオリジリティを非トピック化した切り口を編み出せるかも知れない。

「〜を聴くくらいなら、〜を聴いた方が良い」といった鑑賞態度を、無視する切り口。

オブジェクトとサンプリング 

小説と美術(絵画・建築・オブジェ)の救いは、サンプリングがまだ機能すること。

過去作品に光を当てることが、そのまま創作行為となり得る。

クラシック音楽という、もはや伝統芸能・民俗芸術的な保守性をイデオロギー として固持してしまったジャンルに比べて、まだ新人が入り込む余地がある。

特に美術に関しては、オブジェ・モノとして残るモノなので、再現することに意義を見出してもらえる。

所有できるからだ。

国民楽派の可能性

あまり好きじゃなくとも、知り合いだとか親類が歌手としてステージに上がれば、大抵の人は応援する。バイアスも当然かかる。良さを世間に広めようともするだろう。

世界的なヒーローにはなれなくても、ローカルヒーローならばまだまだ余地はある。

「おらが村」の芸術家になれば良い。

都道府県単位なら、まだまだクラシック音楽の作曲家はヒーローになれる。画家なら、もっとたやすい。小説は厳しい。

いわゆる国民楽派と呼ばれる作曲家達は、コスモポリタンではなくローカルを目指し、ライバルの少ない環境=ブルーオーシャンで戦いを求めたという意味で、マーケティング的には優れていた。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

桜田真助
  • 桜田真助
  • Twitterアカウント:@yamakawa6500
    92年大阪生まれ。なにもかも分かったような気に最近なっていて、これはダメだなと焦って疑問を探している。プロフィール画像は友人(@leilamarinacb)から頂きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です